LOG IN

新しい喫茶店、はじまります ❸ 素材のこと

by 喫茶ラムピリカ

3. 素材のこと

「人間は、食べたもので身体がつくられる」

身体の状態は、 今日の心のあり方 をつくり出しています。

ー 身体に気だるさがなく、軽さが感じられて、心地よさがある ー

そんな状態は、奇跡的・偶発的に起こるのではなく。実は、

〈 自らの選択と行動 〉

によって、作り出すことができます。

まず最初にできることは、本音で生きること。

次にできることは、身体にとりこむものを選ぶこと。そして、身体を動かすこと。

身体の流れがよく、軽やかで、心地よさを充分に感じられるようであれば、悩んでいたことや不安だったことの8割が消える。どうでも良くなったりする。

そんなことも、いとも簡単に起こったりします。

嘘のような、ほんとの話。

これはちょっとした例ですが・・・

・すごくイライラしていたのに、ちょっと身体を動かしてみたら、不快さが吹き飛んだり。

・さみしさに暮れていたのに、美味しいお味噌汁をすすった途端、すっかり満たされてしまったり。

こんな体験、誰でも覚えがあるのではないでしょうか。

〈  身体の状態を変えてあげるだけで、心が変わる 〉

人間って、思っている以上に実は、心は単純で、身体は繊細です。

「心が複雑で、身体が単純」だと勘違いするから、あらゆる心の病気が蔓延しているような気もします。

身体の状態を心地よく整えてあげることで、心も整う。

こんなにも、〈 自分自身に対して優しくしてあげる行為 〉って、他にあるでしょうか?

❷ ミッションでも書かせていただきましたが、

ー ゆるみ、はらい、みなぎる ー

このことが加速するような食事、空間、企画を作っていきたいラムピリカは、素材の一つ一つを、今まで以上に大切に選んでいきます。

これからの喫茶店が、積極的に選んでいくもの。それは、

❶    お米や、麻や、乾物、発酵食品などなど、日本で古来から大切にされてきたものたち。

古来からの知恵が活かされて、日本人の身体に合うとされてきたもの。

❷    作り手さんの身体も土壌も水も、汚すことなくつくられたもの

自然栽培のお米や野菜など、自然のサイクルを大切につくられたもの。

❸    アレルギーやアトピーの方も含め、すべての人に分け隔てなく食べてもらえて、消化の際にかかるストレスが極力少ないもの。

そして最後は、わたしの感覚的な話になってしまいますが、

❹ まっすぐな愛情の込められているもの、祈りを感じるもの。

以上が、素材選びの選択基準となっていきます。

ここで念のため一言、添えておくと。

「自然栽培や自然素材こそ正義で、他は悪」とか言うつもりは全然ないし、個人的には、ファストフードだって、食べたいと思ったら食べます。

ちなみに大好物のケンタッキーフライドチキンは、食べたいと思ったら、一気に4本食べます。

でも、「自分が心地いいこと」を突き詰めつづけたら、結果的に、ここに書いたようなことが自分の基本となる、大事な軸になった、ということです。

変にストイックになる気もなければ、人に対して、ストイックになれとも言いません。

ただ、あえて自分がつくるのなら、「自分が最も心地いいと感じるものを選ぶよ」ってことです。

ちょっとだけ余談ですが、先日、友人が喫茶店を訪れた際、「最近赤ちゃんを産んだ友達に、なにか食べ物のプレゼントを渡したんだけど、ラムピリカに何かいいものがあったら買わせてくれないかな」と、相談を受けました。

そこで、喫茶店の食品在庫に思いを巡らせてみて、嬉しくなりました。なぜなら、

「授乳中のお母さんに、食べてもらいたい、飲んでもらいたいものばかりが、うちの喫茶店には、ある!!」

と、気づいたからです。

玄米珈琲、有機メープルシロップ、野草茶、自然栽培玄米などなど・・・

おすすめが多すぎて、全部をテーブルの上に広げてみたら、友人は喜んで、そのほとんどを買いとっていってくれました。

プレゼントを渡した後の友人のLINEが、これまた嬉しすぎたので、スクショを掲載します。

ビジュアル系農家・MAYUCHAPAWONICAさん

うんうん、わかる。

100回うなずきたくなる。

自分の満足、超大事だよね。

贈り物文化は大好きですが、大好きだからこそ、わたしも正直、

「社交辞令的な役割の贈り物や、適当に選ぶお土産物などなら、いっそもう無くていいのでは?」

と思う今日この頃。

それを生み出すために使われたエネルギーや、また、それを消費した後に出るゴミのことなどを考えると、なんだかすごく勿体無い気持ちになってしまう。

何かを生み出したってことは、何かしら資源を消費している。

だったら、どうせ贈るのならせめて、自分の信じる「本物」や「本気」を贈りたい。

お金儲け目的ではなく、もっとよくなる未来を感じられるもの。

人間の、ほんものの元気がみなぎるために、知恵が生かされたもの。

そんなものを、選択する。

丁寧な選択の一つ一つが、世界平和への最短距離を走ることに、きっとつながる。

・・・と、単純なわたしは考えてしまいます。

というか、そういう選択をしているときの自分が、結構好きなんですね。笑

質の良いものは、当然ながら、価格もそれなりに高かったりします。

だけど、これは少しも残念なことではない。

・ それが生まれるまでにかけられた、愛情や手間やこだわり

・ 消費された後の地球や人への配慮

・ それを選ぶことで、自分や大切な人たちの身体に「健やかさ」という何物にも代えがたい贈与ができる

・ それを選ぶことで、「人が、未来の地球が、もっと健やかになっている」という可能性が高まる

これらを加味して選べば、どれも決して高い買い物ではないのだと、気づいたここ数年でした。

お金の損得ーーー 数字上の「得した」とか「損した」とか、言ってる場合では、もはや無いのではないかなあと。近年の環境問題を見ていると思ってしまいます。

お金優先でモノを作り、消費をしていたら、もう完全に、持たないでしょ、地球。

・地球の未来に投資することができる

・消費して終わるのではなく、循環を生み出すことができる

わたしは、経済のことや環境問題など、そんなに詳しい方ではないですが・・・

体感覚的に、「本当に豊かで気持ちのいい消費」とは、こういうことなのかなと感じる今日この頃です。

ここに書いたようなこと、これまでも喫茶店で大切にしてきたことなのですが、これまではあまり、大きな声で言わないできました。

でも、これからのラムピリカは、大きな声で言いたいと思います。

〈ただ消費するだけにエネルギーを使う〉だけで終わらないもの。

 人も地球も、健やかに巡る可能性のある素材を、選びます。

「健やかで、ゴキゲンで、元気みなぎる人」が世界に増えて欲しい。

そう願う理由は、まず自分がそうでありたいから。

それに、そんな仲間たちは、増えれば増えるほど、楽しそうだから。

世界がますます住みやすい場所になりそうで、嬉しいから。

未来に希望を、感じられるから。

だから、喫茶店という人の集まる場所で、それが叶うような食事を作り続けていきたいと思っています。

長い文章、今回も最後までお読みいただき、ほんとうにありがとうございます。

あなたの今日が、明日が、未来が、

ますます愉快で軽やかなものになっていきますよう

心からお祈りしています。

【イベント情報】

自然栽培の玄米麹と、これまた自然栽培の大豆でつくる、お味噌づくりのワークショップを

3月1日、喫茶ラムピリカで開催します。

テーマは「踊り念仏味噌づくり」!?

詳細は後日発表。お楽しみに。

【シリーズ記事「新しい喫茶店、はじまります」】

コンセプト 

ミッション 

OTHER SNAPS